メッセージ

私が政治の現場を離れていた間、都市と地方の格差を肌で感じる一方、仕事仲間やお客様から伊東や伊豆半島の魅力を再認識させられる機会もたくさんありました。 “熱海の復活”をうらやましく思いつつも、“熱海に負けない伊東にしたい”と強く思っています。伊豆半島における伊東の位置づけを名実ともに“伊豆の中心”とし、『伊東が強くなって、伊豆半島を引っ張っていく』その気概が必要だと思います。
 私は今、大学生2人、高校生1人の3人の子供の父親です。しかし残念ながら、私はこの子供達に「卒業したら伊東に帰っておいで」とはなかなか言えません。何故なら働く場所が限られているからです。子供達から「伊東に帰りたい。」と言ってもらえる街をつくること。これは、私達大人がなさねばならない未来への責任であり、政治の役割ではないでしょうか。
26歳で政治の世界に飛び込んだ私ですが、その人生経験のすべてを懸けて『伊東大復活』を実現するために、全力で取り組んでいく決意を致しました。 これまでご支援くださいました、皆様お一人おひとりの想いを県政に届け、 どうか今後とも温かいご支援を賜りますことを心よりお願い申し上げます。

フェイスブック

中田次城の日々の活動をアップしています。

プロフィール

略歴
昭和39年生まれの52歳 AB型
県立伊東高等学校卒業
26歳で伊東市議会議員に初当選
以来4期連続当選
伊東市議会議長も務める
42歳で静岡県議会議員に初当選
2期目の県議会議員選挙で惜敗
不動産会社の社長を務め、
平成26年6月の
県議会議員補選で当選(2回目)

中田ファミリー

声で!表情で!伝えます!